描いた夢がひとつ叶う日

有り難いことに、明日は都内にて3つの出張講座を受け持ちます。
アロマ講師を本業(フルタイム)にして約1ヶ月半。

こんな風に働けたらいいなと描いた夢への一歩。
🌱ご自宅訪問プライベート講座(6名様) 

🌱介護施設デイサービス(5名様)

🌱英語でアロマ (4名様)
最近の一期一会、常連さんになってくださる方たちとの沢山の出逢い。

明日のアロマ講座を楽しみにしてくださる計15名、お一人おひとりに寄り添えるよう、レッスンの度に、受講者にあった資料を作るよう心掛けています。
いつの日も、恩師、友人、お客様方、家族の支えあるからこそ、今、そしてこれからの私がある。

初心を忘れたくないものです。

本日で30回目!デイサービス出張アロマ講座 〜肌荒れ・むくみ緩和ジェル〜

デイサービスでの活動を始めて10ヶ月。

いつの間にか、本日で30回目となる出張メディカルアロマ講座をお届けすべく、只今、大田区蒲田に来ております。

先月3月は、羽田と蒲田の2箇所にて、17名の方がご参加くださり、《肌荒れ対策・むくみ緩和の保湿ジェル》を手作りしました。


毎度同じく、4種の精油をそれぞれ嗅ぎ比べ、効能など特徴を学んだ後は、お好きな香りを選んでいただきました。

今月の精油ブレンドレシピは、

🌱肌の乾燥を防ぐローズウッドとラベンダー・スーパー、

🌱血行を促進するシダーとオレンジ・スイート

の2種から選べます。

残念ながらシダーの鉛筆のような香りがあまり好まれず(苦笑)、9割の方が前者を選ぶ結果となりました。

もちろん、好きな香り、心も体もよろこぶ香りを選ぶのがブレンド選びで一番大切なことです(*^^*)

ちなみにシダーの香りもリラックスでき落ち着けるので好きという方もいらっしゃいます。

あと、これまで講座を多々開催してきて気付いたこと。波長が合う方が集まるからか、場を共有してるからか、参加者の方々の香りの好き嫌いが似ることが多くてよく驚いています。面白いですよね!時間があればいつか統計を集めたいと思っています(笑)。


さて、基材としてジェルを使用する上で良い点は、作ったらすぐに使えること。

参加者の皆様、精油を入れてウッドスティックでよく混ぜたら、すぐに手に、お顔に、塗って、保湿力を確かめていらっしゃいました。

しっとりお肌に馴染むことに感動されている方もいらっしゃいました。

「早速今晩お風呂から出たら脚に塗るわ!」と嬉しそうにおっしゃる方も。

満面の笑顔をたくさん頂けて、今月も参加者の方々のお役に立てたことを願っています。


最後に…

ケンソーのジェルは、精油(エッセンシャルオイル)を混ぜるだけでとっても簡単!アロマテラピー初心者の方でも手軽に精油を活用できてオススメです。

当スクールでは、アロマテラピーを活用したい方々に、プラナロム社の精油・植物油だけでなく、ケンソー(健草医学舎)製品や、アロマ&ライフ社の製品も、1割引で販売しております。発送もいたします。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
🌼これまでのデイサービス(介護施設)におけるアロマ講師活動に関するブログ記事はこちら

🌱カサカサする季節に皮膚も心も潤う保湿クリーム(2017/2/7)https://asantemasante.com/2017/02/07/body-cream_dayservice/

🌱仕事納めに思うこと(2016/12/28)https://asantemasante.com/2016/12/28/shigoto_osame/

🌱デイサービス講師活動に見い出すアロマセラピーの意義(2016/12/21)https://asantemasante.com/2016/12/21/aroma-at-dayservice/

ケニアに思いを馳せて…アフリカ生まれの保湿クリーム・シアバター

先月も大田区のデイサービス3箇所で23名の方に、

「乾燥対策!保湿力抜群のシアバタークリーム」を作製いただく講座を開催してまいりました。

 

選択肢は、

・ジュニパー、レモングラス、ティートゥリー

・ラベンダー・スーパー、ローズウッド、ゼラニウム・エジプト

の2種。

一つ目は筋肉痛や腰痛などに最適な鎮痛作用や抗炎症作用のあるジュニパーやレモングラス、抗菌・抗ウイルス作用のあるティートゥリーを加えたもので、痛みや炎症がある方にオススメのレシピです。

二つ目は、組織の収縮を引き起こしお肌を引き締めてくれる収斂作用のあるゼラニウム・エジプトやローズウッドを加えたレシピで、お肌の保湿やスキンケアが期待出来ます。

 

1月は全身乳液をお好みの香りで作製いただきましたが、2月もまだまだ乾燥する季節。乾燥対策に最適のシアバタークリームが基材。
シアバターは、アフリカで1,000年以上も前からスキンケアに使われていたというお話を織り交ぜながら、好きな精油を選んでいただきました。

15gのシアバターを大さじの計量スプーンですくって容器に移し、5gのホホバオイルをかけたら、アイスクリームのハニーがけ🍯、みたいになってとっても美味しそうになりました(笑)

この容器の中の、基材(シアバターとホホバオイルをブレンドしたもの)をウッドスティックでよくかき混ぜる必要があるのですが、基材が容器いっぱいに入っているため、こぼれないように混ぜるのがやや一苦労。
参加者の皆様、手先を器用に動かして、「わたしの方が滑らかだわ」とそれぞれ滑らかさを競いながら(笑)、上手に混ぜていらっしゃいました。

 

プラナロム社のシアバター。これ↓

通常、日本で手に入るプラナロム社の製品には、正規輸入元の健草医学舎が国内検査をし、成分分析表が同封されています。

精油は、どの国で栽培された植物から抽出したかきちんと明記されているのに(例えば、ラベンダー・アングスティフォリアはフランス、ラベンダー・スピカはスペイン、イランイランはマダガスカル、フランキンセンスはソマリアなど)、

このシアバターに関しては、栽培された国が書かれていないことが私はずっと気になっていました。

シアバターの生産地は「アフリカ」、と一緒くたに扱うのに納得がいかなくて(笑)、デイサービスの授業の準備をしながら、健草医学舎に電話しました。

 

数時間後・・・ここ数年間はずっと、ケニアで栽培・採集されたものだということが分かりました!!!

やはり、生産地がわかるって大事なことですね。このシアバターの故郷が知れて良かった。

シアの実、ケニアのどんな人たちが栽培したのかな。

画像に含まれている可能性があるもの:フルーツ、植物、食べ物(私も愛用しているAfrica KoboさんのHPより)

・・・私も4回訪れ、延べ2ヶ月以上滞在したことのある、大好きなケニア。
アロマセラピーに携わりながら、アフリカの一国に思いを馳せるとき、嬉しいような切ないような気分になります。

生産者にお礼の気持ちを込めて、大切に使いたいなと思います。

 

カサカサする季節に皮膚も心も潤う保湿クリーム


只今、蒲田のデイサービスでのメディカルアロマ講座を終え、新企画に向け、新橋に向かっているところです。

先月2017年1月も、東京都大田区の夫婦坂、蒲田、羽田の3箇所のデイサービスにて講座を行ってまいりました。乾燥しがちな1月に作製いただいた作品は「認知症予防と保湿対策」全身用乳液!

乳液といっても、女性のお顔のケアだけのものではありません。勿論男性も、お顔や手足など身体のどこにでも使っていただけて、しかもばっちり保湿できる万能ボディークリームです。この季節の乾燥は、皆さま持っている悩みのようで、想像以上に喜んでいただけました。

私も使っていますが、塗布後お肌がしっとりなめらかに長持ちするだけでなく、精油の香りとの相乗効果で、幸せな気分を運んでくれるおすすめのハッピークリームです。

今月のチョイスは、記憶力向上が期待できるローズマリー・シネオールとレモングラスをブレンドしたすっきりさわやかタイプか、安眠が期待できるラベンダー・スーパーとオレンジ・スイートをブレンドしたリラックスタイプの2種。
ご年配の方には、嗅覚が極めて敏感な方とより鈍感な方がいらっしゃいます。香りを嗅ぎ比べる際、刺激が強すぎて気分が悪くなることがないよう、手渡したムエットを遠くから少しずつ鼻に近づけてもらうよう指示するなどの配慮をしています。


一人ひとりが乳液を作成し終えた後には、ご自身でできるハンドマッサージをお教えして、お互いに爪揉みや合谷のツボを押したりしました。皆さま、身体に良いことや美容には興味津々でじっとこちらを見てくださいます。

その後、参加者一人ひとりの手を取ってハンドマッサージをして差し上げました。

3事業所で計25名の方のお手を触らせていただいたのですが、ふんわり柔らかい方、今にも折れちゃいそうな華奢な方…  普段より一段と近い距離でお一人ひとりと接すると、目を見ながら1:1の会話も弾み、皆さま嬉しそうで、やはりスキンシップに勝るものはないなと実感しました。

心に残ったエピソードを2つ。

1. いつもはにかみながら微笑んでくださるダンディーなN様(男性)の手があまりに冷たかったので、後で職員の方に伺うと、気管支と嚥下障害をお持ちで冷えがひどいとのことでした。本日作られた全身用乳液のレモングラスには血管拡張作用があるので、少しでもN様の冷え性改善になればいいなと願いました。

2. 精油の香りと、乳液の質感(肌に馴染む感じ)を大変気に入られたI様(女性)は、「来週自分の誕生日会に娘3人が来るからこの乳液をプレゼントしたい」と、講座後追加で3つも作製され、とても喜んでいらっしゃいました。私も少しお役に立てて嬉しかったです。3人の娘さんは50,60代とのこと、娘さんたちがお母様の作ったこの手作りアロマクラフトを喜んでくださることを願っています。


ルームスプレーや全身用乳液にご関心のある方は、講座でお作りいただけますし、郵送でもお送りできますので、お気軽にお問い合わせくださいませ☆

認知症予防、認知症対策のアロマセラピーに関してもお気軽にご相談くださいね。

仕事納めに思うこと


本日は仕事納め。今週は1週間で3ヶ所のデイサービスに通い、大田区の介護施設でのメディカルアロマセラピー講師のお仕事も、おかげさまで本日で20回目となりました。

今月作製いただいたのは認知症予防の朝用・夜用の、ルームスプレー

img_6169-2

毎回テーマを決めてお話するのですが、今月は「香りと記憶の関係」について。香りを嗅ぐと香りの物質(芳香分子)が鼻から脳まで届き、そしてその脳(大脳辺縁系)には記憶を形成する海馬があるから、いい匂いを嗅いで脳を刺激することは、記憶力アップに繋がりますよ、などのお話をしました。

昨日したことや、会った人のお顔と名前、今しようと思っていたこと、など、加齢とともに大事なことも日常的な小さなことも、少しずつ忘れがちになってしまうことがあるけれど、精油に含まれる芳香分子の力をうまく借りたいものです。
今月の参加者の皆さんは、終始ハツラツとした笑顔が多く見られ、こちらも笑顔とエネルギーをもらいました。

帰り際に「良いお年をお迎えくださいね。また来年、元気にお会いしましょう」と笑顔で声をかけた時、本気で心からその実現を願う自分に気付く。参加者一人ひとりとの一瞬一瞬を大切にしたいと、一層強く思う、なんだか少しせつなく、でもほんわか温かい仕事納めでした。
「デイサービスは、できないことをできるようにする場所」

——先日、ある職員の方の言葉を聞いてハッとした。私のこのメディカルアロマ講座は、参加者の方々にとって、単なるレクリエーションだけでなく、リハビリテーションの意味も兼ね備えているのではないかと。流れ行く時間の中で、月に一度の、楽しい癒しの時間だけでなく、参加者の方々の心や身体に良い変化が起きる時間をこれからも提供していきたい。

img_6524-2

img_6525-2

年初めには、〈全身用乳液〉を作製いただきます!

乳液といっても、女性のお顔のケアだけでなく、男性にももちろん全身に使えて、ばっちり保湿できる万能ボディークリームです。乾燥しがちなこの季節にきっと重宝することと思います。
私も使っていますが、塗布後お肌がしっとりなめらかに長持ちするだけでなく、精油の香りとの相乗効果で、幸せな気分を運んでくれるおすすめのハッピークリームです。

ルームスプレーや全身用乳液にご関心のある方は、講座でお作りいただけますし、郵送でもお送りできますので、お気軽にお問い合わせくださいませ☆

 

img_6512

デイサービス講師活動に見い出すアロマセラピーの意義

今年7月から担当している東京都大田区でのデイサービス及びショートステイ延べ4ヶ所でのメディカルアロマ講師活動も、気付けば既に14回開催し、参加者は延べ118名。
「先生待ってたよ〜」と車椅子から落ちそうになりながら全身で歓迎してくれる方、ムエットを大事そうに握りしめ、何度も鼻に近付ける方、ぽんぽんと私をたたき「耳元で話して」と熱心な方、作製したクラフトを「娘にあげるんだ」とはにかむ方…。毎回必ず参加してくださり顔馴染みになった方もいれば、少し緊張した面持ちの初参加の方も。

 

施設に着いて異なる顔ぶれを見る度、今日はどんな面白い時間にしようかな、どうしたら喜んでもらえるかな、と参加者一人ひとりの反応を見ながら、応用を交えて授業を進める。植物の話、美容の話、健康の話、認知症の話。クイズやマッサージを交え、難しすぎず、でも飽きないように。
施設には、一人でなんでもできる方、殆どのことに手助けが必要になる方、様々な利用者がいる。

そんな中、私は1人ひとりの<主体性>を特に大事にしている。少し難しそうな作業でも、時間が掛かっても、参加者が「やりたい」と言うのを、そっと手が出てくるのを待つようにしている。嗅覚刺激だけでなく、自分なりに考え、手を動かすことに、脳の活性化に繋がり、より良い効果をもたらすと思うから。

 

講座を終えてお別れをする時、参加者の皆の表情は必ずパアッと明るく、生き生きとしている。アロマセラピーに触れれば、心に、身体に、何かしらの変化が起こっている。私の一歩は小さいけれど、参加者の方々が、自分で選んだ香りで気分が良くなったり、1日が少しでも明るくなったりすることを願う。

 

「デイサービスは、できないことをできるようにする場所」

——先日、ある職員の方の言葉を聞いてハッとした。私のこのメディカルアロマ講座は、参加者の方々にとって、単なるレクリエーションだけでなく、リハビリテーションの意味も兼ね備えているのではないかと。流れ行く時間の中で、月に一度の、楽しい癒しの時間だけでなく、参加者の方々の心や身体に良い変化が起きる時間をこれからも提供していきたい。

クリスマスプレゼントには認知症予防スプレーを

fullsizerender-24

今年も残りわずかとなりましたね。今年最後のメディカルアロマ講座 @デイサービスでは、認知症予防スプレー(朝用・夜用)をお作りいただけます。

朝用:レモン&ローズマリー・シネオール(ローズマリー・カンファーはご年配の方に刺激が強いので禁忌のないローズマリー・シネオールを使用)
夜用:ラベンダー・アングスティフォリア&オレンジスイート

これらの精油に含まれる芳香分子には、主に以下の作用が含まれます。

レモン:精神高揚作用、精神安定作用、精神強化作用など
ローズマリー・シネオール:精神高揚作用、精神強化作用など
ラベンダー・アングスティフォリア :精神安定作用、鎮静作用、誘眠作用など
オレンジスイート:誘眠作用など

これらの芳香分子と認知症予防の関連性:2年前、『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』(ABC朝日放送)で、認知症予防に効果があると上記4種の精油(エッセンシャルオイル)が紹介され、爆発的に話題となり売り切れ続出となった有名なレシピです。
[鳥取大発ベンチャー会社のサイトご参照:http://hyperbrainlabo.com/ninchiaroma/index.shtml]

このサイトに書かれていることはまさに、メディカルアロマセラピーを学ぶ上でとても重要なポイントなので、私が2年前より開催している入門講座では必ずお話している内容です。

 

そしてもう一つ、アロマセラピーを活用する上で大事なのは、使用する精油にきちんとケモタイプ(化学種)が明記されていることです。

私が使用しているプラナロム社の精油は、ケモタイプ精油といって、

ラベンダー:ラベンダー・アンスグティフォリア、ラベンダー・スピカ、ラベンダー・スーパー、ラベンダー・ストエカス、ラベンダー・レイドバンの5種、

ローズマリー:ローズマリー・カンファー、ローズマリー・シネオール、ローズマリー・べルベノン、ローズマリ・ピラミダリスの4種

と、様々な種類があります。

どういうことかというと、精油として採取される「芳香植物」が、生育する国(土地)や土壌、気候、時期などが異なると(つまり私たち人間と同じで、育った環境が違えば一人ひとりが異なるように)、同じ植物でも含まれる成分が大きく異なります。
そして成分が異なれば、もちろん私たちが期待できる作用も異なってきます。

ですので、アロマセラピーをしたいからといって、ただラベンダーを入手するのでなく、そのラベンダーの成分にはどんな成分が含まれているか、だからこういった効能が期待できる…というふうに、購入者が、利用者が、きちんと「知って」、その精油を使うことをおすすめします。私も用途に応じて使い分けていますよ!

アロマセラピーはよく勘違いされるのでとても残念に思っているのですが、気休めなんかじゃないし、全然怪しいものじゃありません。ちゃんと、植物から抽出される芳香成分の中身が分子レベルで研究されて、化学に基づいた根拠があります。

あ〜楽しくなってきました(笑)まだまだ書き足りませんが、ここでは到底お伝えしきれませんので、詳しくは入門講座・応用講座でお話いたします。
次回の講座開催はこちら➡︎

「クリスマスには認知症予防スプレーを」!

認知症予防のアロマセラピーは、わたしがデイサービス・デイケア(介護施設)出張で行うだけでなく、当スクールに来ていただいて、ご自身やご家族に、より相応しいものをお作りいただくこともできます。
おじいさま、おばあさま、お父様、お母様、近所の方、お世話になっている方、恩師など、あなたの大切な方にプレゼントなさってはいかがですか?

 

最後に。もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、このレシピは、別に「認知症予防」専用、じゃないんです。
上述した様々な作用は、私たちの脳や身体に“必要な時に必要な分だけ”影響を及ぼすものなので、ご年配の方に限らず、元気いっぱいの若者や、赤ちゃん・お子さまにだって効果抜群の安心なレシピなんです。薬じゃないんです。

なので、寝つきが悪いときや、朝スッキリ起きにくいとき、はたまたリビングや玄関、キッチンなどのお部屋など、いろんな用途に使えるマルチなルームスプレーです。
ちなみにこちらの写真⬇︎は、遠方にお住まいで、認知症のご主人をお持ちの方が、ご注文くださり、お作りして郵送いたしました。毎日、起床時と就寝前にベッドで使用されているそうです。

ご希望いただければ、お作りして郵送することもできますので、お気軽にご相談くださいね☆

少し早いですが、Wishing you a very merry christmas!

img_5948

 

介護アロマ・見える変化と見えない変化

10月手ごね石鹸、11月化粧水。7月から始めた介護施設での講師活動。気付けば私の講座に参加してくださった方々は、延べ118名。



数字より大事なこと、それは目に見えない変化があること。私の一歩は小さいけれど、参加者の方々が、自分で選んだ香りで気分が良くなったり、1日がちょっとだけ明るくなったりすることを、ただただ願う。

一そういえば、目に見える変化もある。デイケアでの授業の中だけでも、香りがもたらす様々な変化を私はすでに目の当たりにしていた。
「せんせー!」「待ってたよー!」と車椅子から落ちそうになりながら全身で私を迎えてくれる方、満面の笑みで手を振ってくれる方々、

精油をつけたムエットを手渡すと、「いいにおい」と嬉しそうにする方、

香りを嗅いだムエットを大事そうにずっと握りしめ、何度も鼻に近づける方、

「周りがうるさくて聞こえないよ〜」と遠くから授業に集中しようと一生懸命な方、

ぽんぽんと私をたたき「耳元で話して」と熱心な方、

丁寧に作り上げたクラフトを「娘にあげるんだ」とはにかむ方、

お孫さんにと毎回2つ作られる方、
毎回必ず参加してくださるので顔馴染みになった方、開催日がデイケアを利用する曜日と合えば参加してくださる方、少し緊張した面持ちの初参加の方…。

アロマセラピーに触れれば、心に、身体に何かしらの変化が起こっている。

******************

施設に着いて異なる顔ぶれを見る度、今日はどんな面白い時間にしようかな、どうやったら喜んでもらえるかな、と反応を見ながら、応用を交えて授業をします。認知症の話、美容の話、健康の話、クイズやマッサージ。難しすぎず、でも飽きないように。
そんな中、私が特に大事にしているのは、1人ひとりの主体性。ひとりでなんでもできる方、ほとんどのことに手助けが必要になる方、施設には様々な利用者の方がいらっしゃいます。

自分なりに考え、手を動かすことに意味があると思うので、少し難しそうな作業でも、時間がかかっても、「やりたい」と言うのを、手が出てくるのを待ちます。精製水を入れるのも、シールを貼るのも、お持ち帰りのバッグに入れるのも、出来ることはご自身でするのを尊重します。
そう、目に見えないところでもアロマ(=精油に含まれる芳香分子)はちゃんと働いているのです。

嗅覚と手作業で、脳を身体を、Wで刺激!「届け、芳香分子!」



手ごね石けんで使用した精油:ラベンダー・スーパー、レモングラス、オレンジスイート、ホーウッド

化粧水で使用した精油:ゼラニウム、ローズマリー・シネオール、アルベンシスミント、ホーウッド、ラベンダー・スーパー

色づく源氏山公園とフレディ

本日は、今月3回目、通算17回目となる、介護施設デイサービスでのアロマ講師のお仕事。大好きな北鎌倉の駅を通り、大田区の夫婦坂に向かっています。


鎌倉は少しずつ色づいています。
家から徒歩10分の源氏山公園にて。フレディも見つけました。

開校に向けての決意表明とご挨拶

img_6613

これまで愛知、京都、NYと、辿り着いた地でメディカルアロマ講師として活動を続けてきて、ついに明日、鎌倉の地で教室をオープンする運びとなりました。

スクール名は「Asante Ma Santé (アサンテ・マサンテ)」・・・ 私の全てが詰まった言語の中から、スワヒリ語で「ありがとう」、そしてフランス語で「わたしの健康」。

敢えて、”あなたの健康”ではなく、”わたしの健康” にしました。なぜかというと、自分の夢だったからという理由ではあるものの、10代後半から10年間、周りの幸せを考え、尽くそうと努力してきて、自身の身体や健康を全く顧みず走り続け(「動ける」から動いてきちゃったんですが)、4年前にぶっ倒れた私だから。

だから思うんです、きっとアロマセラピーを必要としている人の多くが、自分のカラダの悲鳴すら聞こえなくなってしまうような頑張りやさんの人達だってこと。

「私の健康、ありがとう」と口にすれば、自分の心と身体にはちゃんと聞こえる。おまじないみたいに、唱えたい。瞑想の時にも。そんな時間を私は持ちたい、みんなにも持ってほしい。

                        🌱 🌱 🌱
19歳ーDV、PTSDに苦しみ、22歳ー自律神経失調症で受診し処方された抗鬱剤の副作用に苦しみ、25歳ー長期間のパワハラ、モラハラでパニック障害を併発し、大好きなタンザニアから帰国し夢が途絶える。29歳ー夢の途上国支援の仕事に携われて毎日が楽しくて仕方なかった中、10年間で溜まっていたストレス過多で突然ベッドから起き上がれなくなった・・・。

健康に意識を向け、栄養療法や漢方、鍼灸、ヨガ、そしてアロマセラピーと代替療法を取り入れ、生活改善をしていた中、さらに昨年31歳のとき、渡米して1ヶ月で重度の子宮内膜症と診断され、アメリカ・ニューヨークで大きな手術を経験。気がつけば無数の病気に囲まれていた・・・。これから一つひとつ紐解いていこうと思います。

躊躇なく、偽りのない全てをさらけ出すのは、私と同じような理由で、同じような症状で、苦しんでいる人たちに届いてほしいから。恐れるものはない。出る杭が打たれるというのなら、打たれないところまで出ればいい。
大好きなNGOの仕事を休職、そして離職することになってからの4年間、自分の身体が思うようにならず、それによりやりたいこともままならず、本当に苦しかった。健康の大切さを痛感した。いや、過去形ではないんです。今も、完治しない病と闘病中です、それはとても苦しいです。

でもその病を除いて、比較的元気になったこともあって、最近、たくさんの夢が湧いてきています。でもほら忘れないで。第一に、マサンテ。その中で、今の私にできることをしていきたいから。私を暗闇から引っ張り上げてくれた芳香療法を、自身の健康に感謝しながらお届けできるよう、一歩ずつ歩いていきます。

                        🌱  🌱  🌱
来週から1年間、産業カウンセラーの学校にも通います。毎月100時間以上の残業を笑顔で頑張りながら、ひどいパワハラ・モラハラを受けて心もそして身体までズタズタになった私だからこそできることがきっとあると信じているから。

この間ずーっと支えてくれた夫に、心の底からありがとう。私以上に何百倍も私のことを分かっている彼がいたからここまで来れたし、これからの笑顔いっぱい、穏やかな私もいるんだと思います。いつも応援してくれる方達も心からありがとう、ありがとう。

 

小さな教室からのスタートではございますが、
・解剖生理学や化学などを交えた「目からウロコ」の学びの時間と、
・古都鎌倉の自然豊かなエリアで、ほっこり温まり、深呼吸のできるアットホームな空間と、
・心身がよろこぶ香りを嗅ぐことによって、ご自身の身体の声に耳を傾ける機会など、得るものの多い授業を、精一杯ご提供いたします。

最後にお願いがあります。もし周りに悩んでいる人、苦しんでいる人がいらっしゃったら、「香りによって救われることがあるみたいだよ〜」と話してみてください。人工的な香りじゃなくて、細胞ひとつひとつが喜び、身体の自然治癒力を高めてくれる、本当に自然でいい香り、です。

どうぞお気軽にお越しくださいね。

2016年11月11日 於鎌倉 

2017年4月15日 於北鎌倉
NARD JAPAN認定アロマ・インストラクター 曜子

3

2

4