本日の朝日新聞に載りました


(声)爆弾製造企業への投融資やめて
2017年6月5日5時0分

アロマテラピー講師 山田曜子(神奈川県 33)

非人道的なクラスター爆弾の製造企業に対し、三菱UFJフィナンシャル・グループなど日本の金融機関4社が、4年間で2200億円の投融資をしたと報道された。利用者として失望し、無力感と悔しさで涙が止まらなかった。

6年前、私は国際NGO職員として世界で最も深刻なクラスター爆弾汚染国ラオスに赴任。ベトナム戦争で落とされたが爆発しなかった推定8千万個の不発弾が、戦後40年の今も人々を脅かしている。

破片が顔中に刺さり失明した少女、腕を失った青年。病院には毎週負傷者が運ばれてきた。不発弾は庭や田畑、通学路に転がる。黄色いチョウの形、緑色のボール形。子どもはつい触れてしまう。

現地職員と村々を回り応急処置研修を行った。手で不発弾を取り除く危険な仕事に就く20代の女性たちとも出会った。不発弾を全て除去するには数百年かかるという。

預けたお金が血に染まる光景が浮かび、口座の解約を決めた。金融機関は投融資を考え直してほしい。銀行は利便性で選びがちだが、今後私たちは、社会的責任も考えて選ぶ必要があるのではないか。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

アロマテラピーとは関係ございませんが…

今朝(6月5日付)の朝日新聞朝刊“声”に、

私の投稿が掲載されています。

多くの方に知ってほしい事実があり、筆を執りました。投稿欄に投書したら採用いただけました。

ぜひご一読ください。考える機会になれば幸いです。
朝日新聞デジタルにも載せて頂いています。

━━━ オピニオン

■(声)爆弾製造企業への投融資やめて http://news.asahi.com/c/ajvQfWoi2IfUroae

〈シェアして頂けると嬉しいです〉

新プロジェクト・島根へ

本日より3日間、島根・大森地区に行ってまいります🛩
まだ正式なアナウンスができかねますが、アロマセラピーはじめ心身のケアを必要としている方々のために、新たなプロジェクトに向けて動き始めております。
目を閉じて、耳を澄まして。

感性に身を委ね、大切なものを生活に、仕事に、取り入れていきたいと思っています。

手作りシャンプー&歯磨き粉

季節が変われば香りの好みも変わります。気分に合う、好きな精油入りシャンプーを使うようになり、半年が経ちました。

100%天然香料なのでお風呂場で呼吸をするのが気持ちよく、全ての方にオススメです😊

私はローズOtto&ローズウッド、夫はジュニパー&クローブのブレンド💐


今日は歯磨き粉を作ってみました。

レモン、ティートゥリー、ペパーミント。

なかなか美味しく仕上がりました(笑)

界面活性剤不使用。身体に入る生活用品は安心できる原材料で作るのが一番ですね☺️
ご自分に合った、好きな香りだけで作るシャンプーや歯磨き粉を作りたい方は、

当スクールのプライベートコンサルテーションにご参加いただくか、郵送でも承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

代表からのメッセージ【認定校開校3ヶ月記念】

【代表からのメッセージ 2017.5.29】

ナード協会認定校として開校し、昨日で3ヶ月が経ちました。

事業計画では、開校1年でアロマアドバイザー5名を輩出することを目標としていましたが、既に3名の方が全講座を修了、更に3名の方が通ってくださっています。生徒様方の学びの意欲とご期待に応えられるよう、私も更なるStep Upの勉強を続け邁進していく所存です。

 

他には、介護施設やキッズアロマ等、ご縁があり老若男女の方々にメディカルアロマをお届けする機会に恵まれ、また、プライベートコンサルテーションやオリジナルクラフトのお申込を頂き、全員に喜んで頂きたい!と、嬉しくて、パワーが溢れてきて、結果、週7日ほぼ休みなく仕事をしてしまっています。

(それでも対応が追いつかずお待たせしてしまっている方々にはお詫び申し上げます。順々に対応いたします。ご理解に深謝申し上げます。)
沢山の方々との出逢いとご縁に心の底から感謝しております。

でも私の身体はひとつ…。年初に誓った今年の目標はFOCUS。
「優先順位を決め、ぶれない自分であり続けたい」。
そんな私の一番の願いでもあり、私の使命は、
 
「今この瞬間、苦しくて、辛くて、誰か助けて!と悲鳴をあげている方に、心と体を救ってくれる香りを届ける」
 
ことです。最近少しずつ、お悩みの方からのお申込が増え、受講後とても喜んでもらえ、
これ以上にない幸せを私も頂いております。
今、苦しんでいる方、どうぞお気軽にご連絡くださいね。

香害と、本物の自然の香り

「香害」が広まる現実…。

私も、プラナロム社の精油を使い始め、自分の体が化学的な香りに対し拒否反応を顕著に示すようになりました。日常生活から、極力それら天然物質ではない成分を取り除くようにして、自分の身体の声を聴けるよう敏感になることができました。

皆様にも、「本物」の自然の良い香りを知っていただき、身体にとって大切なものに気付くきっかけを提供できたらと、これからも活動を続けてまいります。

出典 http://macrobiotic-daisuki.jp/kagakubusitukabinyou-57329.html

描いた夢がひとつ叶う日

有り難いことに、明日は都内にて3つの出張講座を受け持ちます。
アロマ講師を本業(フルタイム)にして約1ヶ月半。

こんな風に働けたらいいなと描いた夢への一歩。
🌱ご自宅訪問プライベート講座(6名様) 

🌱介護施設デイサービス(5名様)

🌱英語でアロマ (4名様)
最近の一期一会、常連さんになってくださる方たちとの沢山の出逢い。

明日のアロマ講座を楽しみにしてくださる計15名、お一人おひとりに寄り添えるよう、レッスンの度に、受講者にあった資料を作るよう心掛けています。
いつの日も、恩師、友人、お客様方、家族の支えあるからこそ、今、そしてこれからの私がある。

初心を忘れたくないものです。

肩こりや腰痛・筋肉痛、メタボ・ダイエット対策に活躍するアロマ(精油)を学べます

明日の【NARD認定アロマアドバイザー養成講座】レッスン9と10の準備をしています🖋

全12レッスンの中で内容が最も濃い9回目。

膵液や胆汁の働きなど消化に関して如何に楽しみながら理解して頂けるか、クイズやイラストを交えて鋭意製作中❗️

レッスン9では筋肉、脂肪、消化吸収など身体のメカニズムの基礎をじっくり学んでいただけます。

その後、肩こりや腰痛、メタボ・ダイエット対策等に活用できる、抗炎症作用や筋肉弛緩作用、血行促進作用や鎮痛・鎮静作用などを含む精油5種の活用方法を、実習で受講生一人ひとりが実践しながら身体で学べますよ〜

本クラス<第1期生>も早いもので来週で修了👏
来月はついに当スクールにて資格試験を行います🌟
受講生3名全員が合格できるよう試験対策講座も行い、フォローしてまいります♫

 

 

🌸現在、5月開講クラス<第2期生>受講生募集中🌸
水曜クラスと土曜クラスがございます。
月1〜2回のペースで無理なくじっくり学んでいただけるクラスです☺️

詳しくは

ジャパニーズ芳香療法

恒例行事になった味噌作り。

作って瞑想、ココロに良くって、
食べて幸福、おなかに優しい。

大豆の香りで癒される、ジャパニーズ芳香療法(笑)

  
もう市販のお味噌は買えない!と断言する2人による味噌作り第二弾。

麹屋さんから仕入れた麹で手作りするお味噌の美味しさと言ったらもう!

深みのある甘さが癖になります。

また半年後が楽しみです

米国のウェビナー“ストレスと不安・心を落ち着かせるハーブと精油”をリアルタイムで受講中

0302


🇺🇸
米国ノースカロライナ州のハーバルスクール主催

“Herbs and Essential Oils for Stress and Anxiety”
(ストレスと不安・心を落ち着かせるハーブと精油)

というウェビナーを朝9時からリアルタイムで受講中💻

近いうちに皆様にシェアしますね!

セミナー受講録②化学の基本<アロマセラピーで化学を学ぶ理由>

先月末に受講した「化学の基本」セミナーの備忘録です。

元素周期表や原子の構造(原子核を周る電子)など、化学の基礎を一から学び直し、NARD JAPAN認定アロマ・インストラクターの授業の復習と、これから認定アロマ・アドバイザーを教える上で参考になる知識を得ることができました。

その前に… 「アロマセラピーに化学!?」と疑問に思った方へ。
アロマセラピー講師の私が、なぜ元素周期表を見てゴニョゴニョ言ってるのか?

fullsizerender-35

それは、私たちが扱うエッセンシャル・オイルと呼ばれる精油が何で出来ているか、に関係します。

精油って、香りの成分を持っているごく一部の“芳香植物”と呼ばれる植物から、香りの成分となる「芳香分子」を取り出して出来ています。(大体300以上の科がある中で、シソ科やキク科、クスノキ科やフトモモ科など、30科ほどが芳香植物です。)

その芳香分子は、水素や炭素、酸素が結合して出来たもので、その結合の仕方で、香りが異なったり、効能効果が異なるのです。

よって化学を知ることは、メディカルアロマセラピーに不可欠な精油のことを知る第一歩なのです!

しかも、私がお教えするナード協会のアロマテラピーでは、解剖生理学のレッスンがほぼ毎回含まれています。身体のメカニズムを詳しく知るために、細胞レベルから学んでいきますので、化学の知識がとても役立つのです!

アロマセラピーを利用するのなら、そして、効能効果を期待して精油を使うのであればなおさら、なぜその精油にそういった効能が含まれるのか、そしてどうやって私たちの身体に作用するのか、知りたいですよね?

納得してアロマセラピーを活用したい方は、当スクールの「NARD JAPAN認定アロマ・アドバイザー資格取得コース」がオススメです。化学や身体のメカニズムを詳しく学ぶだけでなく、以下写真のように、芳香分子を電子座標で分類しながら、精油の特性をきちんと理解するから、受講後もご自身で精油を活用することができます。
➡︎詳細はこちら

img_6894

さて、前置きが長くなりましたが、備忘録そのものを忘れてしまう前に(笑)。

以下メモ:

・自然界の中で「これ以上分解できない!」というほど小さくしたものをatom(原子)と呼び、全ての物質は原子から出来ている。
・19世紀にドルトンが、物質の根源となる基本粒子“原子”が存在する、という仮説を発表し、今日ではその物質の根源となる成分が「原子」だということが証明されている。
・原子の一部である電子が発見される。

ご参考までに・・・
ドルトンの原子論の5つの原則 (出典:wikipedia)
・ある元素の原子は、他の元素の原子とは異なる。異なる元素の原子は相対原子質量によって互いに区別できる。
・同じ元素の原子は、同じ大きさ、質量、性質を持つ。
・化合物は、異なる原子が一定の割合で結合してできる。
・化学反応は、原子と原子の結合の仕方が変化するだけで、新たに原子が生成したり、消滅することはない。
・元素は原子と呼ばれる小さな粒子でできている。

・1億分の1cmにも、大きさ=重さ(質量)が存在する。
・重さは重力で変わるが、質量は宇宙でも地球でも変わらない。
・原子には原子核と呼ばれる核があり、その核には陽子と中性子が一つずつ入っている。陽子と中性子の数が、質量。つまり、私たち人間の重さは陽子と中性子の重さ。(原子には電子があるが、その電子の質量は、陽子と中性子の1840分の1の重さしかない。)

・金属元素とは…単体で光ったり伸びたりする性質があって、電気や熱をよく通す元素のこと。全元素の8割以上が金属元素。
周期表だと、水素を除いた1族から12族まで全て金属元素

・非金属元素とは…単体で熱や電気は伝えにくい性質を持つ。
(周期表だと、硼素とアスタチンを結んだ線の、右側にある酸素・窒素・炭素・水素が含まれる。)
➡︎アドバイザーコースでも、精油は主に酸素と炭素と水素から成ると習います。

・金属元素+金属元素=金属結合
・金属元素+非金属元素=イオン結合(例:Na+とCl-)
・非金属元素+非金属元素=共有結合(酸素、炭素、水素から成る芳香分子は、電子を共有し、共有する部分は重なり合う。)

授業の最後には、1円硬貨のアルミニウム、1gの質量を計算しましたが、とんでもない計算式になったので割愛します(笑)

 

明日は「化学の基本」セミナー第2回を受けてきます。レポお楽しみに⭐︎