“てんかん”とケトン類の神経毒性

2017年夏より、鎌倉で随時開講‼️ 

新講座 ⭐️ ケトン類精油の正しい使い方と神経毒性 (メディカルアロマ応用)

本ページ下部に詳細ございます。


皆様こんにちは!

鎌倉アロマ&メンタルケア  

アサンテマサンテ代表の曜子です。

先日、小池先生の「プロのアロマインストラクター向け 神経毒性とてんかんセミナー」を受講してきました。
以前私は、てんかんのお子さまがいらっしゃるお母様が、当スクールの「プライベート・アロマコンサルテーション」を受講された際、

1) 過剰な興奮状態を抑えてくれる鎮静作用や神経バランス回復作用を含むエステル類を持つ精油や、
2) セロトニンの分泌を促すといわれているリモネンを含む精油や、
3) 鎮痙攣作用を持つ精油、

などをお伝え差し上げ、この中からお子さまの好きそうな香りの精油で、ルームスプレーやトリートメントオイルを作製したことがあります。

喜んで頂けましたが、私個人の正直な感想ですが、ナード・アロマテラピー協会認定アロマアドバイザーとアロマ・インストラクター両方を受講しても、カバー仕切れない内容というのは山ほどあって、

中でも、禁忌の大御所“ケトン類”に含まれる
・“神経毒性”とは果たして具体的にどういうものなのか
・その神経毒性を含む精油を使用することで身体にどう影響するのか
ずっと腑に落ちないままでおりました。

そこで、ニューヨーク在住時からの念願叶って神経毒性について学んでまいりました!

講座は、アロマセラピーを専門的に勉強した方でないと難しい内容でしたが、自身の備忘録として、また少しかじった方向けに記しますね。

神経毒性のあるケトン類を含む精油は、意外と沢山あります。そしてナード・アロマテラピー協会では、てんかんの方や高齢者の方には注意して使用しましょう、または使用してはいけません、と習います。

(※当スクールで使用するプラナロム精油にはどうして毒性があるの?詳しくはこちら

ですが、ここで重要なのは、毒性を持つからと言って万人に使わなくなるようでは非常にもったいなく、実は、ケトン類を含む精油にしかできない作用が多々あるのです。要は、しっかりと理解した上で精油を活用すれば良いのです。

セミナーでは
・神経細胞(ニューロン)、血液脳関門について
・ケトン中毒が起こる過程
・芳香分子による毒性の程度
・神経伝達物質について

これらを踏まえて、「てんかん」を持つ方にとって気をつけなければいけない精油、またてんかんに特有な発作予防が期待出来る精油、などを学びました。

なるほど、なるほど…の連続で、最近もっぱら沸き起こる「勉強欲」が、一つひとつ理解しながら、満たされていきました!

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
100人に1人の発症率という、てんかん。

(てんかんとは・・http://www.tenkan.info/about/epilepsy/)
てんかんをお持ちで悩んでいる方々のためにも、

てんかんを持つ方が身近にいらっしゃる方々のためにも、

そしててんかんだけでなく高齢の方にも禁忌となっている神経毒性・ケトン類を詳しく知りたい方々のためにも、

100%天然成分の植物精油を使ったメディカルアロマで出来ることをお伝えできればとても嬉しいです!

⭐️2017 新講座 in 鎌倉

「ケトン類精油の正しい使い方と神経毒性」 (メディカルアロマ応用)

🌱場所: 鎌倉アロマ&メンタルケア ( JR北鎌倉駅 徒歩9分)

🌱日時: 随時開催中!(ご希望の日時をお知らせください)

🌱内容: 

1. 脳のメカニズム(神経細胞ニューロンと神経伝達物質の仕組み)

2. 精油の成分・芳香分子に含まれる毒性

3. 神経毒性を持つケトン類を含む精油と特性(正しい活用方法教えます!)

4. 実習: 学んだ精油の中から好きな香りでアロマクラフトづくり(ルームスプレーまたはマッサージオイル)


🌱所要時間: 90分 (60分座学、30分実習)

🌱参加費(テキスト・実習材料費・お持ち帰りクラフト全て込み)    4,000円 (税別)

🌱対象: どなたでもご参加頂けます(アロマ初心者様も大歓迎!)

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

セミナー受講でなく、色々お話を聞いてもらいたい方や、ご自身やご家族に香りのクラフトを作りたい方などは、プライベートコンサルテーション(45分2,000円)でも承っております(^^)

(補足:いつも受講生には事前に申し上げていることですが、アロマセラピストは診断も治療もできませんので(日本には医師法や薬事法があります)、自己判断のもとで精油使用の是非をご自身で決めてもらうようお願いしています。)


最後に…今回、アロマインストラクター同期で、茨城県でスクールを主宰する星野りつこさんのお誘いで参加しました🎵

情報交換したり励まし合える大切な同期がいてありがたいなと日々嬉しく思っています。20代、30代になってから一緒に学び、時に苦楽を共にする同志って、実は生涯を通して大切な存在だと感じています。